通う前に知っておきたい種類と人気の理由とは

サイトメニュー

自然にバストアップできる

薬と注射器

脂肪注入法の特徴や術式をチェック

仙台市がある宮城県の女性のバストサイズの平均は「Dカップ」というデータがあるほど、宮城女性は他県と比べるとバストが豊かな人が多い傾向にあるようです。ですが、このDカップという数字はあくまで平均サイズですので、もちろんAカップ・Bカップという女性もいるでしょう。Aカップ・Bカップの宮城女性が本気でバストアップしたいという場合は、美容整形外科クリニックでの豊胸手術にチャレンジするケースも少なくありません。東北エリア屈指の繁華街となっている仙台市内には、全国に店舗を構えるメディカルグループや個人の美容外科医が経営しているなど、多くの美容整形外科クリニックが集まっています。バストアップの効果がある豊胸手術には様々な施術法がありますが近年、仙台市のみならず全国のクリニックで希望する患者さんが増えているのが「脂肪注入豊胸」です。脂肪注入豊胸は名前の通り脂肪をバストに注入してサイズアップするのですが、使用する脂肪は「自分の体についているもの」です。お腹周りや太ももなどについている余分な脂肪をまずは脂肪吸引で取り出し、その脂肪を今度はバストに注入してサイズアップします。脂肪注入豊胸でバストアップできるサイズの目安は、採取できる脂肪の量によっても変わるものの、約0.5〜1.5カップほどと言われています。自分の体についている脂肪を使う豊胸手術なので、仕上がりはとてもナチュラルで見た目や触り心地はとても自然です。人工シリコンを挿入するバッグ豊胸術はレントゲン撮影をすると、バストに入れたシリコンが映ってしまいますが、脂肪注入豊胸は自分の脂肪を入れているのでレントゲンにも映りません。

脂肪注入豊胸は自分の脂肪を使い、とても自然にバストアップできることから仙台市内の美容整形外科クリニックでも、人気の高い豊胸手術となっています。仙台の美容整形外科クリニックでは、コンデンスリッチ法とセリューション法といった種類の、脂肪注入豊胸を行っている所が多いようです。コンデンスリッチ法は脂肪吸引によって取り出した脂肪を、外気に触れさせないまま遠心分離を行うことで、しこりの原因となる不純物を除去して濃縮した脂肪を使う術式です。セリューション法も抽出した脂肪から不純物を取り出す工程を行いますが、バストに脂肪を注入する際に脂肪だけなく脂肪幹細胞も同時に注入するという違いがあります。どちらの術式も従来の脂肪注入豊胸と比べるとバストへの脂肪の定着率はアップしていますが、脂肪幹細胞を使うセリューション法の方がより高いようです。コンデンスリッチ法の脂肪定着率は約80%ほど、セリューション法の定着率は約80%から90%となっています。脂肪の定着率だけで考えればより高いセリューション法の方が良いように感じるかもしれませんが、セリューション法は脂肪幹細胞を取り出す必要があるため、バストに注入できる脂肪の量が減ってしまいます。コンデンスリッチ法とセリューション法、どちらが向いているかはバストアップしたイサイズや、脂肪の付き方によっても変わってくるので、ドクターと相談して決めると良いでしょう。セリューション法と比べるとコンデンスリッチ法の脂肪定着率は少し劣りますが、それでも80%と高い定着率を誇っているので、しっかりとバストアップすることが可能です。